その他:国、ジャンルに問わず様々な古美術等

NEW イリヤ・イワノフ・イリエフ 造

額装 「モザイク」

MOSAIC by  ILYA IVANOV ILIEV

 

サイズ:

 

状態:破損等は無く、大変良い保存状態です。

 

商品お問い合わせ

前田屋外美術の栞付属します。

1931年 ブルガリア、ボルガス生まれ。

1966~1967年 ゲオルグ・パトリックのもとで研究に従事

1967年 ソフィアの美術アカデミーで壁画の教授となる。

1968年以降 ブルガリアにおける応用美術のすべての綜合展覧会に定期的に参加、又海外の代表展覧会、机上彫刻展、屋外彫刻展に出品。室内製作(モザイク及び彫刻)、モニュメント及びインテリアデザインの作品を作る。ソフィアに住み、製作に従事。

下の画像をクリックすると拡大画像になります。


和時計  分胴大名時計 江戸時代 

Daimyo Clock Edo period.

 

サイズ

ケース   高さ32.0 cm  横幅13.8 cm  奥行13.3 cm

時計本体 高さ18.0 cm  横幅10.2 cm  奥行  9.6 cm

 

状態:実際に動かしてはおりませんが、特に破損は無いかと思われます。

 

商品お問い合わせ

 

ケースは唐木製、時計は真鍮製です。時計蒐集家より譲り受けた品で滋賀県「近江神宮時計館」に展示されていた大名時計となります。博物館に展示されていただけあり、

破損、汚損が無く、真鍮にみごとな牡丹彫金装飾と保存状態は申し分がありません。

下の画像をクリックすると拡大画像となります。


高句麗 副葬品 鉄馬

Koguryo Grave goods Iron Horse.

 

サイズ:高さ6.8 cm  全長8.8 cm 幅3.5 cm

状態: 副葬品なので経年の錆びはありますが、特に大きな破損は無く、とても良い保存状態です。

 

 商品お問い合わせ

 

高句麗時代の副葬品で王族の古墳に副葬品として納められたものです。

(首の長い造形のものは奉納品と言われています。)

鉄味が大変良く、大きな破損はないので自立し座辺に飾り鑑賞できます。

鉄製なので手取りはズシリと重く存在感があります。

下の画像をクリックすると拡大画像となります。


籠目文 あけび籠 山菜籠

Basket Kagome Pattern.  

 

サイズ:高さ18 cm 横幅27.5 cm 奥行き7.3 cm

状態:特に破れ等無く、とても良い状態です。

 

 

商品お問い合わせ

あけび製の山菜籠です。

あまり使用されずに今まで残っていたのしょう。とても保存状態が良いです。とても美しい籠で手の込んだ編目になっています。裏面に補強と擦れ防止の為の藍染の木綿布が縫い付けられています。オリジナルの紐が付属していますので、小ぶりなサイズですので掛け花籠としてもお使いいただけます。

下の画像をクリックすると拡大画像になります。


竹編魚篭 

Bamboo Basket.

 

サイズ:高さ18cm 口直径16.7 cm x 13.5 cm

横幅24 cm 奥行き12.5 cm

 

サイズ:特に破れ無く、とても良い状態です。

SOLD お買い上げありがとうございました。

とても状態の良い竹籠です。オリジナルの紐が付属するので、掛け花籠としてもお使いいただけます。


聖母マリア像 木彫 顔、手本象牙製 明治時代

Wooden statue of Virgin Mary ( Ivory face & hand)

Meiji Period.

 

サイズ

高さ34.7 cm 横幅12 cm 台座11 cm x 10 cm

 

商品お問い合わせ

木彫に彩色の聖母マリア像です。時代はおそらく明治時代は下らないと思います。

顔と手が象牙製で特に割れもなくとても美しいです。背面に釘の跡がありますので、教会で安置されていたのでしょう。画像からもご確認いただけますが、左手部分が欠損、全体に剥落があります。

下の画像をクリックすると拡大画像になります。


左義長羽子板 内裏羽子板 江戸時代

Sagicho Battledore Edo period.

 

サイズ:全長42 cm 幅13.7 cm 厚さ1.4 cm

状態:剥落が至る所にありますが、左義長羽子板としては状態は比較的良いと思います。

割れ、カケ、直しはありません。

商品お問い合わせ

 

左義長とは平安時代より行われている新春の宮中行事の一つで、正月15日に御所清涼殿の庭に青竹を組み、陰陽師たちが囃しながら、青竹を覆った藁に火をつけて、帝の短冊、扇面などを焼く厄払いの行事です。表面には儀式を見学している貴人を、裏面には儀式の様子が描かれています。正月に行われる儀式が羽子板に描かれている事からもこのふたつの関連の深さがうかがわれます。

 下の画像をクリックすると拡大画像になります。